ひげのうしブログ

2017/06/08

ラム肉を食べて思うこと

カテゴリー: その他

日本では戦後、食肉文化が栄え、今となっては当然のように肉を調理する料理が家庭でも並ぶようになりました。

もし、体が何を食べても健康を害さないというのであれば、毎日肉を食べたいです(笑)

結論から言ってしまうと「お肉は無理!」って人、殆どいないんじゃないでしょうか(⌒-⌒; )

ベジタリアンの方はお肉を一切食べないでしょうけど、ウケが良い料理ってやっぱりお肉がつきものですよねぇ。

肉って、食べると元気出ますから!これ本当に!

何か嫌な事があったり、悩み事やどうしようもない感じの時は是非肉をたくさん食べる事を個人的にお勧めします。

だって、体が喜びますから!(笑)


…前置きはさておき、是非とも北海道民こそラム肉を食べて欲しい!というのが羊肉を扱う身として一番切なる思いを馳せております。

なんでしょう。

どうしても牛、豚と走りがちなのは個人的にも非常にわかるのですが。

意外と道民の方って羊肉を食べる機会って少ないのではないかと思うんですね。

ジンギスカンなんて観光で来て食べるものだっていう逆のイメージがついてしまっているというか。

かく言う僕もそんな気持ちがどこかにありました。

やっぱ牛でしょ!と言いたくなるくらい牛も美味しいです。

しかし、改めて羊肉の美味しさをたくさんのお客様に伝えるのが私たちの仕事であり、今となっては使命感すら感じます。

本当に美味しいラムは牛をも超えます!

個人的主観のお話にはなってしまいますが、やはりお腹いっぱい食べても飽きがこないのは圧倒的にラム肉です。

こんなに美味しいラム肉をどう処理し、丁寧に調理し、最高のパフォーマンスでお客様にお召し上がり頂けるのか。

そんなことを毎日悩みながらも、今出来ることを駆使してご提供させて頂いております。

ラムが食べられなかったのに、ひげのうしでラムを食べてから美味しく食べられるようになった!とか

ここで食べて概念が変わった!とか

羊ってこんなに美味しいんだ!とか

有難いことに、そんなお言葉を様々な場面で頂戴しております。

本当に、本当に、僕らにとってこんな最高のお言葉はございません。



もちろん、当店以外にも長年営業されている名店は有無を言わず美味しいですし、

最近できたばかりのお店でも大変クオリティーの高いお店が沢山ございます。

お店って同じジャンルでも特色や形態がお店ごとに違うので、また新たな発見があります。

それが同じジンギスカン店として悔しいとかではなく、我々は大変嬉しい事である気持ちの方が大きいのです。

皆様にラム肉の素晴らしさを知って頂ければ幸いでございます。

好みの味、お店、好き好きは本当に千差万別ですが、皆様のその中の一つに「ひげのうし」の名を残せるようまた明日から精進して参ります。

お近くの際は是非一度ご来店下さいませ。

日頃のご愛顧、誠にありがとうございます。

2017/06/08 (Thu) 01:26:06

ひげのうし スタッフ紹介